人生に「負け」はない。勇気の出る言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

あなたの心が正しいと思うことをしなさい。どっちにしたって批判されるのだから

(2)

迷いながら、行きつつ戻りつつ手探りで選んでいくものですよね

(3)

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ

(4)

苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか

(5)

勝ちたいと思う意思。これが私の強みです

(6)

やってやれないことはない。やらずにできるはずがない

(7)

他人と比べない。個々の持つオリジナリティを大事にして

(8)

馬鹿になれ
とことん馬鹿になれ恥をかけ
とことん恥をかけ
かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる
本当の自分も笑ってた
それくらい馬鹿になれ

(9)

じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて進め

(10)

敗北?私はその言葉の意味を存じ上げません

(11)

自分の力のないことは天に任せて、自分の心がけをよくし、根本から再生の努力をする

(12)

人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか

(13)

いつも太陽を見ていれば影は目に入らない

(14)

私が孤児院にいたとき、腹をすかせて街をうろついて食いものを漁っていたときでも、自分では世界一の大役者ぐらいのつもりでいた

(15)

人にどう見られているか、ということじゃなくて、大切なのはどういう自分でいたいか、ということ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存