屈するな。勇気の出る言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

快楽を得ようと努力するのではなく、努力そのものの中に快楽を見出せ。それが幸福の秘訣である

(2)

ニコニコ朗かにしていれば緊張がほぐれる。疲れるのは仕事のせいではない。心の持ちようが悪いのである。この方法を一度試してみることだ

(3)

もし間違いを犯しても、それが深刻なものであったとしても、いつも別のチャンスがある。失敗というものは、転ぶことではない。そのまましゃがみこんだままでいることである

(4)

名誉を失っても、元々なかったと思えば生きていける。財産を失ってもまたつくればよい。しかし勇気を失ったら生きている値打ちがない

(5)

束縛があるからこそ私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ私は走れるのだ。涙があるからこそ私は前に進めるのだ

(6)

他人と過去は変えられない。でも自分と未来は変えられる

(7)

自分が何をしたいかは自分で決める。自分の思っていることをはっきりと言う。それが自由だと思った。それが欲しかった

(8)

私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ

(9)

どんな道を選ぶかではなく、選んだ道でどれだけやれるかが大切

(10)

親が子供に教えなければならないのは、転ばない方法ではなく、むしろ、人間は転んでも何度だって立ち上がれるということじゃないか?

(11)

あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です

(12)

逆境がなんぼのもんじゃい!ピンチがなんぼのもんじゃい!最大のピンチは最大のチャンスである

(13)

気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげかえった小鳥を見たことがあるか?
馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ

(14)

成功の反対は失敗ではなく、やらないことだ

(15)

辛いことを知ってる人間のほうが、それだけ人にやさしくできる。それは弱さとは違うからな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存