やりたいときがすべきとき。心を動かす名言 part2

スポンサーリンク

(1)

青年のくせにぐうたらだったり、怠けることを考えたり、快楽に溺れて平気でいたりする者は、理想を持たない、現実の敗北者である。そんな人に万歳は言えない

(2)

ねむるなら目をつぶりなさい 考えるなら目を開けなさい 目をつぶって考える中身は大概くだらない。決断に向かって思考するとき、目は必ず見ひらかれて輝いている

(3)

笑っているとき、人間は最も強い

(4)

決断とは、目的を見失わない決心の維持にほかならない

(5)

男には、生涯に一度は決断発奮するときがあるんだ

(6)

なすべきことをなそうと決心せよ いったん決心したことは必ず実行に移せ

(7)

乗りかけた舟にはためらわずに乗ってしまえ

(8)

長い目で見れば、結局『運』というのは、平等公平なものだ

(9)

一日中、いつも何か新しいものを学ぼうとしなさい。そうすれば、あなたの心は決して老けることはないでしょう

(10)

今あなたが不運な状態にあるなら、それはあなたがそうなるように仕向けた結果です。逆に、今あなたが幸運に恵まれているなら、それもあなたがそうなるように仕向けた結果です

(11)

すべてのことに時あり

(12)

賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ

(13)

ああ、金、金この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか

(14)

愛するということは,自分の愛する相手の生を生きることである

(15)

戦いにおいて最も重要なことは、最後の勝負に勝つことである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存