目があうと胸が締め付けられる。片想いの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

悔いのない恋愛をしたいのなら愛する側に回ろうね。愛するほうが素晴らしいと思っていても実際には愛されるほうを選ぶ人って多い。愛してくれる人は限定されるから愛される側にとっては妥協の恋愛になる。愛する場合は誰をどう愛しようが自由だし、たとえ実らぬ恋に終わっても悔いは残らないよ

(2)

確かに、いくら努力しても叶わない恋や夢はありますけど。でも、努力しなくちゃ、実る恋も実らないし、叶う夢も叶いませんよ

(3)

好きになった人に距離を置いたりしたくないの

(4)

愛する人と共に過ごした数時間、数日、もしくは数年を経験しない人は、幸福とはいかなるものであるかを知らない

(5)

愛することは、命がけ。甘いとは思わない

(6)

10年でも20年でもずっと好きでいつづけて、どんなに好きか思い知らせたかった

(7)

良いラブレターを書くには、まず何を言おうとしているのか考えずに書き始めること。そして、何を書いたのかを知ろうとせずに書き終わらなければならない

(8)

いいでしょ? あなたのそばに立ってるだけで幸せなの

(9)

恋とは甘い花のようなものである。それをつむには恐ろしい断崖の端まで行く勇気が無ければならない

(10)

てれくさくて言えないというのは、つまりは自分を大事にしているからだ

(11)

恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意志だと思う

(12)

愛をうまく告白しようとか、自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。きみの体全体が愛の告白なのだ

(13)

恋のチャンスは、熟れている時にもがなければならない果物のようだ。一度地に落ちたら二度とチャンスはないだろう

(14)

直感は、無理に感じようとしてもだめ。答がでるまでには時間がかかるものです

(15)

完全な男を求めるのは、身の程知らず。自分に欠点があるように、相手にも欠点がある。傷つくことを恐れず、当たって砕けろ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存