愛することは、命がけ。片想いの言葉

スポンサーリンク

(1)

女って贅沢言ってみたいのよ。みじめな状態になった時には

(2)

ラブレターを待って一日中郵便受けのそばにいるよりもっとひどいことってあるかね

(3)

人間の心がどう働くか、説明はむずかしいですね、先生

(4)

男は一週間もたてば忘れてしまうに決まっているたった一言のために、斬り合いをしたり、命ばかりか、良心までも犠牲にしようとする

(5)

考えてばかりいると、日が暮れちゃうよ

(6)

恋わずらいの人は、ある種の病人のように自分自身が医者になる。 苦悩の原因をなした相手から癒してもらえることはないのだから、結局は、その苦悩の中に薬を見出すのである

(7)

一つのまなざし、一度の握手、 いくぶん脈のありそうな返事などによってたちまち元気付くのが 恋をしている男女なのだ

(8)

恋の喜びは一瞬しか続かない。恋の悲しみは一生続く

(9)

“好きでいなきゃ” と思ったら恋の終わり。”好きになっちゃいけない” と思ったら恋のはじまり

(10)

ラブレターを書くには、まず何を言おうとしているのか考えずに書きはじめること。そして、何を書いたのかを知ろうとせずに書き終わらなければならない

(11)

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである

(12)

われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である

(13)

僕はおまえが好きだった。そして今でも好きなんだ。たとえ世界が木っ端微塵になったとしても、その残骸の破片から、恋の想いは炎となって燃え上がる

(14)

頭のいい人は恋ができない。恋は盲目だから

(15)

朝起きる時は「今日も会えないだろう」と思い、 寝る時には「今日も会えなかった」と思うのです。 長い長い毎日に、幸福な時は片時もありません。 全ては物足りなさ、全ては後悔、全ては絶望です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存