愛することは、命がけ。片想いの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

言えるなら言って「愛してない」と。それを聞いたらあなたの人生から出て行くわ

(2)

恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、 恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない

(3)

男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる

(4)

愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である

(5)

人が天から心を授かっているのは、人を愛するためである

(6)

どうしてもどうしてもさわりたくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様

(7)

こんなことをしたら嫌われるのではないかと、何もしない男が一番嫌われる

(8)

もはや愛してくれない人を愛するのは辛いことだ。 けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっと不愉快だ

(9)

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる

(10)

愛とかゆみと咳だけは、どんなことをしたって、隠し通すことのできないものである

(11)

愛持たぬ一つの言葉 愛告げる幾十の言葉より気にかかる

(12)

幸せは、いつも、自分の心が決める

(13)

恋の苦しみは、あらゆるほかの悦びよりずっと愉しい

(14)

愛というものは、愛されることよりも、むしろ愛することに存ずると考えられる

(15)

本当の恋はみんな一目惚れから始まる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存