運命のひとは必ずあらわれる。出逢いの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

出会いで大切なことは、気がつかない出会いに気がつくこと。どうすれば出会えるかということじゃない。出会っているのに気がつかないのを、どう気がつくかということなんだ

(2)

魅力的な人に出会うたびに、礼儀正しさ、謙虚さ、自然ににじみ出る優しさなど、素敵だと思うその人の魅力を取り入れていくことだ

(3)

あなたが素晴らしい人と出会いたいのなら、あなた自身が素晴らしくならなくてはいけない

(4)

なにか、悲しくなりそうなことに出会ったときは、つねに自分にこう言いきかせよ。これは不幸ではない、これに高貴に耐えることが幸福なのだと

(5)

運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う以前に、自分がそれを作っているのだ

(6)

物を与えたばかりの相手の人の眼に出会うのは楽しい

(7)

一生懸命やっていれば、必ず誰かが見てくれる。そして、「この人とこの人を会わせたら良いのではないか」と考えてくれるものです。むやみに交流会やセミナーなどで探すよりも、このような機会を待っているほうが、確実に良い出会いができる気がします

(8)

逆境の際の最大の慰めは、思いやりのある心に出会うことだ

(9)

命だっていつか終わりがくる。でもわたしたちが出会って、一緒に過ごした時間が消えてなくなるわけじゃない

(10)

人と出会ったおかげで、自分とも出会えた

(11)

別れは出会ったときから決まっている。恋愛だけしかとりえのない男には気をつけたほうがいい

(12)

どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する

(13)

下手に計算して仕事を取捨選択せず、目の前に与えられた仕事を懸命にこなし、人との出会いを大切にすることで道が開けるのです。キャリアづくりは偶発性だけに針路を委ねてしまうのではなく、ライフステージの節目においては自ら意思決定を行うことも必要だと思います

(14)

人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う

(15)

内面で向き合わなかった問題は、いずれ運命として出会うことになる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存