人生は生きるに値する。出逢いの言葉

スポンサーリンク

(1)

お前は熊から逃れようとしている。しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会ったら、もう一度獣の口のほうに引き返すのか

(2)

人との出会いを心から感謝して味わう人や会社のところに、お金、人、チャンスが引き寄せられていくのです

(3)

一生、旅人であれ。死ぬまで出会いの喜びを忘れない

(4)

別れがあるからこそ、人の出会いはより貴重な光を放つものとなる。愛は、人生の最も大きな喜びとなる

(5)

さまざまな新しい出逢いや体験を通して、本当にやりたいこと、自分に向いたことを少しずつ探っていけばいい。進路は変わっていって当たり前なんです

(6)

25年間の選手生活で一番印象に残っているのは落合(博満)さんでしょうか。落合さんと出会ったときいきなり「そんなにのんびりしていていいのか」といわれ、戦いが始まりました

(7)

友だちを増やすには、まず出会いの機会を少しでも多くしなければならない。まずは共通の趣味を楽しむとか、同じ目的の勉強をするというような仲間をつくるのがいちばんよい

(8)

自分の気持ちをわかってくれる人、理解してくれる人、そういう人との出会いのチャンスを逃さないことだ。そのためには、こちらの心の扉も開かねばならない。いつも僕らが失敗するのは、相手にばかり(心の扉を)開くことを期待しがちなことである

(9)

縁をたぐり寄せることはできます。感謝をし続けていると「よい人との出会い」を引き寄せることはできる。それが人生を大きく左右するのです

(10)

世の中に役に立つことを何か変えていきたいといった思いがある人たちに接すると新たな気づきが得られます

(11)

日本人の報酬観は独特です。「給料や年収」「役職や地位」はもちろんなのですが、これら以外の目に見えない「4つの報酬」を重視している。第1に 働きがいのある仕事。第2に 職業人としての能力。第3が 人間としての成長。第4が、良き仲間との出会い

(12)

出会いで大切なことは、気がつかない出会いに気がつくこと。どうすれば出会えるかということじゃない。出会っているのに気がつかないのを、どう気がつくかということなんだ

(13)

出会った人が先生である

(14)

限られた時間の中で出会える人の数は、出会えない人の数よりずっと少ない。だから、出会った人をどれだけ大事にするかですね

(15)

親切で慈しみ深くありなさい。あなたに出会った人がだれでも、前よりももっと気持ちよく、明るくなって帰れるようになさい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存