人は別れるために人と出会う。出逢いの言葉

スポンサーリンク

(1)

出逢いは神の御業、別れは人の仕業

(2)

次の人生を決めるような出会いは必ずあるんです。その出会いの接着剤にするためにも、何かひとつ、「これ(が私です)」というものが要る

(3)

あなたが何で生計を立てていようと、わたしには興味はない。知りたいのはむしろ、あなたが何で胸を痛めているか、そしてあこがれとの出会いを夢見る勇気を持っているかどうかだ

(4)

それぞれの人間性、個性がその人にしか訪れない出会いを招いてくれるのだと思います。だから、(出会いには)必ず意味があります

(5)

知恵は心と知性の出会いを通して来る

(6)

まさしく人脈とは、新しい情報、出会い、感動を食べ物にして大きくなっていく互助グループなのです

(7)

男の生き方というのは、周辺の男の友達との出会いで決まっていくものだと思う。僕自身の人生をふり返ってみても、いい男たちとの出会いが一番の財産です

(8)

努力はいうまでもないが、人は出会いによって作られ、能力を引き出される

(9)

出会いは必ず何かを生み、何かを残す

(10)

旅することは多くの利益がある。それは新鮮さを心に、素晴らしき事柄についての見聞、新しい都市を見る喜び、まだ知らない友との出会い、高潔なる作法を習得することができるのだから

(11)

「ツキと、出会いと、運」です。先見の明があったなどとは口が裂けても言えません。私に言わせれば、どんな先見の明も、すべて後講釈といいますか、後付けにすぎません。試行錯誤があるだけです

(12)

机の上の勉強だけでなく、人との出会い、経験、行動、学ぶきっかけはたくさんあります。こちらが学ぶ気持ちを持っていれば、どんな事柄にも汲み上げるべきものは必ず潜んでいるに違いありません

(13)

あのとき、あの場所で、あの人に会ったからこそ、いまの自分がある。これまでの人生において、そんな経験が幾度かありました。人は、子供のときから様々な人と出会い、関わってゆく。その積み重ねこそが、現在の自分を形作っているのです

(14)

人間という生き物が好きです。いま、世界に65億人いるとして、残りの人生の中でどれだけ新しい人に会うことができるのだろう。そんなことを考え、ひとつひとつの出会いを大切に日々、過ごしたいと思っています

(15)

銀行という職場は、だいたい2から3年で異動や転勤になることが多く、その都度新しい人と出会い、それらひとつひとつの関係がのちに大切になってくるのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存