出会いは一回限りのもの。出逢いの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

やっぱり一つひとつまったく同じ仕事というのはなくて、その最初で最後の出会いというのをいかに濃密に過ごせるかという、これをやっている人だと思いますね

(2)

恋は出逢い頭の事故である。それは突然訪れ、しかも多かれ少なかれ、心に傷を残す

(3)

プロフェッショナルたちとの出会いから多くのことを学び、彼らとの出会いがいまの私をつくってきたように思います

(4)

思いをぶつければ、思いが返ってくる。そうやって、人と人のつながりが生まれる。入社40年、僕の人生はその都度、「思いの理解者」と出会いながら、ひとつひとつ仕事を積み上げてきたように思う

(5)

いまは多くの人との出会いから情報を集めて、勝負の土俵を探っている状況です。金メダルへの挑戦は終わりましたが、世界一への挑戦はまだ終わっていません。これからまた、新しい挑戦を始めます

(6)

勉強会やセミナーなど、リアルな出会いの場で築いた人脈は、あなたの財産になるものです。自分だけの宝物を育てていくような意識で、無理せず長い目で付き合っていくことが、人脈をつくるコツだと思います

(7)

それまでに手がけた一連の住宅作品で、「吉田五十八賞」の特別賞を受賞しました。それも、素晴らしいクライアントや職人に出会えたから。つくづく、僕は人との出会いに恵まれていると思いますね。クライアントや職人といつの間にか親友になっちゃうこともよくあるんです

(8)

キャスターの仕事に誘われたとき、初めは「えっ、私が?」と思ったけれど、実際チャレンジしてみると、多くの方との出会いのなかに様々な発見があります。その積み重ねは、きっとお芝居にも生きてくるだろうと思います

(9)

人生はあみだくじのように、人との出会いや何かの出来事で簡単に横にそれていきます。自分でまっすぐの線をひいてみても、その道をまつすぐにコントロールし続けることなど到底不可能。つまりいい結果にたどり着けたのは、いろんなご縁や支援の賜物なのです

(10)

60年近い俳優人生を振り返ってみると、「僕ほど出会いに恵まれた人間はいない」とつくづく思います。今回、22作目でファイナルを迎えることになった『釣りバカ日誌』も、スタッフや共演者の方々とのいい出会いがあったからこそ、こんなにも長く続けてこられたのでしょう

(11)

人との出会いを楽しむ気持ちが根本にあれば、たとえお客様に叱られても、それほど苦ではなくなります

(12)

僕は一度出会いを逃したら二度と同じ出会いはないと自分に言い聞かせ、人に接するようになった

(13)

面白いけど構造が複雑すぎて高い。自分ならもっとシンプルで、安いものを作れると思ったんです

(14)

どの本が一番感動するかは人それぞれですが、たまたま出会った本や、そこに書いてあるワンフレーズが人生を変えることがあります。そんな出会いがあるからこそ、本は読み続ける価値があるのです

(15)

私たちは、仕事であれば無理をしてでも予定を合わせるのに、最も大事な、たとえば学生時代の仲間とただ会って食事をするというようなことにはさほどの努力を払わない。従って、良い出会いはますます間遠になっていく。「今日は本当に楽しかった。また会おう」その言葉に万感の思いを込めることで、気持ちを伝えたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存