深く見つめる、深く知る。自分と向き合う言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

成功の陰にはやはり苦労がある。周りを否定するのではなく自分と向き合う事。それが成功への道かもしれない

(2)

大切なのは、弱さに向き合うこと。戦うっていうのは、誰かを傷つけるってことじゃない。僕は、自分の弱さと向き合うことが、本当の闘いの始まりだと思っているんだ

(3)

自分の弱さに向き合ってこそ努力は実る

(4)

己と向き合う稽古、他に向い合う稽古、この表裏一体こそが、修業の理想である

(5)

愚痴で憂さ晴らしをするのは、自分の問題点と向き合うことと逃げるのと同じ

(6)

何かに成功したいなら、成功する自分、したあとの自分、それによって賞賛される自分などを、うんとたくさんリアルに想像してみるといい。そうするうちに、メンタルの深い部分が錯覚してその気になり、緩い下り坂で足が前に勝手に進むような感覚で、願望に行動が伴うようになっていく

(7)

この世に「不運」はありません。これからどう生きるのか。人生を見つめ直す作戦タイムと受け止め、内観しましょう

(8)

受け止め方によって人生は大きく変わってきます

(9)

大人であるということ。それは、自分の中の子どもである部分に、正面から向き合えるということです

(10)

困難には正面から向き合っていくこと。問題から逃げると問題は大きくなります

(11)

伸びるときは必ず抵抗がある。しかし、そんなときには自信を持って真正面からぶつかって戦え

(12)

自分を成長させるために大切なことがあるとすれば、人生で何かアクシデントに遭遇しても、逃げずにきちんと向き合うことではないでしょうか

(13)

まずは自分のいいところを見つけよう。自分のいいところを見つけられない人間には他人のいいところを見つけることはできない。他人を見るよりも、まずは自分と向き合うことだ

(14)

人は誰しも年月とともに変化する。その変化を恐れず、本当の自分と向き合うこと

(15)

物事にはすべて理由があり、原因があると思います。その原因を自分で探して向き合う事によって自分が今何をすべきかという事が見えてくる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存