これでいいのだ。気楽に生きる為の言葉

スポンサーリンク

(1)

僕はデビューのころから、自分が世界でいちばん幸せだと思ってた。給料が7万円だったときも幸せだった。給料だと思えば安いけど、小遣いだと思えば7万円はすごいじゃん

(2)

お金がないから遊べないんじゃなくて遊ぼうとしないから遊べないんだ

(3)

皆さぁ、自分が賢いとか、できる人間だとか思っちゃダメだよ。私も含めて、皆バカなんだから早くバカに気付かないと。バカだってわかれば人間慎重になるから

(4)

人間は頭がいいから、明日のこととか、来年のことを考えちゃうでしょ。そうじゃなくて、もうちょっとばかになって、今日のことしか考えられないと幸せになりやすいのにね

(5)

一生懸命のんびりしよう

(6)

自分以上のものを求めるのではなく、自分の持っているものを楽しむ

(7)

のんびり行こうよ、人生は

(8)

気楽に生きる難しさ。気楽になれぬ難しさ

(9)

なんで俺はダメな人間なんだ。そんなふうに思いはじめたらキリがない

(10)

適当男と言われている僕が言うと、自分を正当化しているようでなんだけど、日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないかと思う

(11)

人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなぁ。人にはその人なりの考えがあるからね

(12)

失敗しても悩むな、ラッキーと考えろ。失敗とは最高のノウハウなのだ

(13)

他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずに済ませることができる。こうすれば人間関係に波風も立たなくなり、円満に誰とでも付き合える

(14)

何をやってもうまくいかないときは、神様がくれた長い休暇だと思って、無理に走らない、焦らない、頑張らない、自然に身を委ねる

(15)

白か黒かをはっきり決めるのはどこか無理をしている。灰色でなにが悪いの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存