これでいいのだ。気楽に生きる為の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

今日そのものが美しいのであって、今日が充実していなければ、素晴らしい明日は来ない

(2)

一体どれだけ努力すればよいかという人があるが、 「君は人生を何だと思うか」と反問したい

(3)

迷ったら楽しい方を選んで、迷ったら明るい方を選んで、迷ったら好きな方を選んで。その方が長続きするし成功する確率が高くなるから

(4)

今はね、友達を作ろう作ろうって言い過ぎるよ。友達なんかいなくていいんだよ

(5)

自分しか歩けない道を自分で探しながらマイペースで歩け

(6)

マイペースでプレー出来るものが強いのです。そして思い切りのいい奴が一番強い

(7)

豊かに生きている人は、競争するより協力したほうがはるかに早く成功できることを体験で知っています

(8)

人生は誰かと比べたり競争したりするものではありません。自分に与えられた大きな波に乗って、したいことをすればいい

(9)

みんな競争に夢中になって、「負けまい、負けまい」と懸命に働く。会社のためにエネルギーの80%も使ってしまう。どうしてそんなに競争に勝つことばかり求めたがるのかな?恐らくレールから外れるのが「怖い」からだね。でも、そんな生活を続けていると、肉体的にも精神的にも疲れる。50代、60代になれば、「空っぽ」の人生になってしまうんだよ

(10)

他人との競争が目的になってしまうのは本末転倒

(11)

拍手されるより拍手する方が、ずっと心が豊かになる

(12)

人生をいじくり回してはいけない。あわてずにゆっくりやれ

(13)

ゆっくりと寄り道をすればいい。道草の途中には、きっと小さな幸せが落ちています

(14)

仕事も何でも反省はしない、反省ばかりしてるとバカバカしくてこれから先、やっていけない、過去を振り返らない

(15)

俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存