本当の優しさを知った人生はきっと実り多き人生。優しさの名言

スポンサーリンク

(1)

あなたには大した才能はないけれど、「優しさ」を持っている。その優しさで、人を救うことができる。感謝される。優しさは、最高の才能なんだよ

(2)

飾らない素顔があなたのいいところ

(3)

無理する事なかれ、優しき人は無理をせず無理を強いらないものだ

(4)

嫌われたって別にいい。それで人を助けること出来たのならきっとその人の希望になる。優しさは希望になり、希望は優しさになる

(5)

人が人として保てなくなった時がどんな時か知ってるか?
怒りに燃えた時?苛立ちが稲妻の如く己にまとった時?違う。
憎しみ、恨みの負の力を解放して誰かを傷つけた時?違う。
信仰や誰かを騙し殺した時?違う。
優しさをなくした時だ!
優しさを失った時点で心は離れてしまうのだ。

(6)

本当の優しさとは、怒らないことじゃない。それは、人との衝突を避けているだけだ。どれだけ周りから良い人と呼ばれてもそれはその人たちにとってのただ都合のいい人。本当の優しさとは、誰もが嫌うことを進んで受け持ち、平等に怒り誰も気付かない様なところで努力人の事を言う

(7)

優しさとは、相手の事を思い発言、行動し結果どうでが、どうであれ寄り添い続ける事。思いやりと気遣いも優しさに含まれる。時に厳しく、甘い言葉を。相手の立場になり考える事。人にだけでなく物・生物にもそう出来る事

(8)

あんたがどんな奴かは知らねぇ。だけどよ、出会えたんだぜ、地球の70億分の1の確率

(9)

誤って楽な道を進もうとしている友達を心が少し苦しくなっても、正しい道に導いてあげるのが本当の優しさ。甘やかしと優しさは紙一重

(10)

ただ生きていてくれたらいい。究極の優しさは相手の命を想い続ける事

(11)

相手を想って身を引くのは「弱い優しさ」
どんなことがあっても相手を守り抜くのが「強い優しさ」

(12)

優しさこそが刃物になることがある。優しさというモノは使い方を誤れば、人を傷つけてしまうのである。

(13)

優しさは持って産まれては来ない。だから色々な形があるんだ

(14)

皆さんの思っている「カッコよさ」は顔や服装で決める事ではありません。本当の「カッコよさ」はどんな人に対しても優しく、笑顔で接する事が出来る人が本当のかっこいい人なんです

(15)

報われないだと知った上での行動、でも無駄とは感じる事はない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存