本当の優しさを知った人生はきっと実り多き人生。優しさの名言 part2

スポンサーリンク

(1)

優しいはみんな最初から持ってる気持ち

(2)

優しさなんて言葉で表現しなくても人は生まれたときから優しさを知っている

(3)

ただ言葉で相手を喜ばせるのではなく、行動で示すこと。守れない約束はしないという弱さと紙一重の強さ。弱さゆえの強がりに気づき、相手を全力で信じ切る強さ。結果がどうであれ、自分の信じた道や相手に最後まで理解を諦めないこと。優しさとは、心で感じるもの。無償の愛と真の強さ

(4)

無条件で見返りを求めない、ひたすらその人自身が良い方向にむかうことだけ望む。故にそこには常に自分の勝手な想いや願いが存在する、しかしそれを押し付けることはできないというもっとも面倒な感情。いまは日々、子どもに対して抱えている

(5)

優しさとは、寄り添うこと。優しさとは、相手を理解しようとする心。

(6)

本当の優しさとは自分では気づかないもの

(7)

強くなければ生きられない。優しくなければ生きる資格がない

(8)

運が良くなりたければ、微笑んでいれば良い。人に優しくすれば良い。思いやりと優しさで、運は開ける

(9)

優しい言葉で説得できない人は、いかつい言葉でも説得できない

(10)

気をつかいあうってのも優しさだけれど、時には傷つけるのを覚悟で、ホントのことを言ってしまうことも優しさなんだよね

(11)

女の美しさとは、強靭な意志に裏打ちされたかたくなさであり、魅力とは、志の高さに武装されたやさしさです

(12)

劣等感があるからこそ、他人へのやさしさや目線の低さが生まれる

(13)

人としての根っこは、いつの世も変わらないものだ。それは親子や夫婦の情であったり、兄弟や友達の絆であったり、あるいは他人を思いやる優しさであったりというものです。そんな根っこの部分を見失わない限り、どんな時代であっても人は強くなれる。また、それを見失っては人は生きてはいけないのです

(14)

不良とは、優しさの事ではないかしら

(15)

暴力よりも優しさのほうが効果が上がる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存