優しくなりたいと思う人は、優しいんだ。優しさの名言

スポンサーリンク

(1)

優しくするだけが優しさじゃない

(2)

部下を叱ればいいというものではないし、褒めればいいというものでもない。経営者の目的は、組織を正常に機能させること。そのためには優しさと厳しさの両面が必要だ

(3)

若者が、優しくあれるはずはないのである。すべてのことが可能だと思っている年頃は高慢で不遜であるほうが似つかわしい

(4)

“いつもやさしく愛想よく”なんて、やってられないよ。理由は簡単。時間がないんだ

(5)

人から傷つけられたらどうしよう。その人を愛しているなら、やさしくしてあげよう。そうでない人なら、距離を置こう

(6)

地球に優しくする前に、オレに優しくしてみろよ

(7)

「その気もないのに優しくしないで」とか、そんなカッコいいこと、あたしは言えへん。その気がなくても優しくしてもらったら、嬉しがって、そのぶん頑張るよ

(8)

困っている人に優しくしてあげると、その人がまた誰か他の人に優しくしてくれたらなあって思うでしょ。その気持ちって、野火みたいに広がるの

(9)

若いうちに苦労をすると、精神的に強くなるだけでなく、人間性も磨かれます。逆境や苦労を経験すると、人の痛みがわかるようにもなります。そして、人に優しく、温かい視線を持つようにもなります。こうした人間的優しさというのは、人の上に立つ人には絶対に必要なものです

(10)

あなたのごく近くに、愛情と優しさに飢えている人々がきっといます。どうぞその人たちを見捨てないでください。彼らに人間としての尊厳を認め、あなたにとって大切な人たちなのだと、真心を込めて認めてあげてください

(11)

優しくあれるようになるのは人生には不可能なこともある、とわかった年からである。自分でも他者でも、限界があることを知り、それでもなお全力をつくすのが人間とわかれば人は自然に優しくなる

(12)

親切という名のおっせかい そっとしておくおもいやり

(13)

愛するということは、お互いの顔を見つめる事ではなく、一緒に同じ方向を見つめる事だ

(14)

バランス感覚こそが優れたリーダーの要件ではないでしょうか。大胆さと繊細さ、優しさと厳しさ、理想主義と現実主義など、両極端と思われる性質を併せ持ち、本人の中で自然に両立しているのがバランス人間です

(15)

褒めることもしますが、ダメなら叱ります。結構厳しいですよ、特に幹部に対してはね。私は、やっぱりスタッフを大切にしなければいけないと思っています。大切にするということは、間違ったときには厳しく叱ることも必要です。優しさだけでは人は育ちませんから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存