優しくなりたいと思う人は、優しいんだ。優しさの名言 part2

スポンサーリンク

(1)

太陽のようにあかるく 月のようにまあるく 花のようにやさしく ほほえみたい 言葉よりもさきに あなたに贈りたいもの

(2)

愛を優しい力と見くびった所から、生活の誤謬は始まる

(3)

この世は四苦八苦の苦しみがあって、いろいろ心に満たされないことも多く、常に悩みに取り囲まれているけれども、やはりこの世は生きるに足る美しい世界であり、そして人の心というものは、甘く優しいものだ。そういう喜びがある

(4)

どんな格言も先生も哲学者もあなたより優れているわけではない。あなたより優れているものは、何もないのだ

(5)

人間性の中心にあるのは、わたしたちの日々を形づくる多くの何気ない優しい行いです

(6)

人は何かひとつくらい誇れるものを持っている。何でもいい、それを見つけなさい。勉強が駄目だったら運動がある両方駄目だったら君には優しさがある。夢をもて目的をもて、やれば出来る。こんな言葉に騙されるな。何もなくていいんだ人は生まれて生きて死ぬ。これだけでたいしたもんだ!騙されるな

(7)

さりげなく支えるのが本当の優しさだと思う

(8)

例え嫌いな人がいても、その人にも家族や友達や恋人がいる。その人達のことを考えると嫌いになんかなれない

(9)

「優しさ」は国際社会においては「弱さ」としか受けとられない

(10)

日本人は、インドのことよりも、日本の中で貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです

(11)

愚かな。お前の弱さこそが、優しさという強さの裏付けであったものを。そう、規範なき強さなどただの暴力

(12)

偉大な人間は、群衆の只中で完璧な優しさを保ちながら、ひとりのときの意思を貫くのだ

(13)

弱き人こそ薄情である。優しさは強き人にしか期待できない

(14)

優しさは、根性です

(15)

色気の正体は、“上品な優しさ”。「この女はオレに恥をかかせない」「この男は絶対に私に恥をかかせない」そう相手に思わせる包み込むような優しさが、色気の本質なのです。衣服を着て後ろ姿であってもそれは漂うものです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存