優しさは、根性です。優しさの名言

スポンサーリンク

(1)

相手が今何を求めているか、何に苦しんでいるかを想像することが思いやりです

(2)

優しさは本能ではない。閾値を持っている。閾値を下げることに全力を尽くす、自分を磨くことだ

(3)

祈りを唱える人でなく、祈りの人になりなさい

(4)

人は痛みや苦しみを味わって苦しんで、乗り越えてそれを優しさに変えていくんだよ

(5)

乳母車に優しければ、車椅子にも優しい街になれるはずです

(6)

誰の目にも優しいと映る行為をよくする人は、優しさを意識してやっている場合が多い。ほんとうの優しさは何気なく発揮されていて目立たないものなんだ。その優しさは凹(へこ)んでいるときに見えてくる

(7)

(男が)一見優しいのと頼りないのは一緒だから。恋をしたとき優しいと思うんです。で、結婚して頼りないと気がつくんです

(8)

結婚という幸福の花には、常に優しい愛情をふり注いでやることだ。暖かい思いやりの光を当ててその花弁を開けてやり、どんなものにも揺るがない「信頼」の鉄壁で守ってやることだ。こうして成長した結婚という幸福の花は、人生のあらゆる時期に香しく咲き、老年の淋しさすら甘美な甘さで包むのである

(9)

自然にやさしいとは、人間に厳しいこと

(10)

美しいものは優しいと同時に恐ろしいものなのです。鋭い刃先などが、そうです

(11)

心と心のつながりほど、人と人の間をやさしく結ぶものはありません

(12)

自分に厳しく相手には優しく。それらを訓練することで、自己が確立されていくのである。そして、「頼もしい君たち」になっていくのである

(13)

日本人は、古きより美しくやさしき自然に育てられて、美しくやさしき詩人たるべく養われたりき

(14)

人間というものは、少しやさし過ぎるくらいでなくちゃ、十分やさしくあり得ないのだ

(15)

「人びと」は残酷だが、「ひと」は優しい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存