心を休め思い切り泣いて。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

一刻も早く忘れたいのなら、悲しみに浸り、思う存分泣き、悲劇のヒロインになること。これがトラウマ解消の極意なのです。

(2)

失恋したのなら、泣きたいだけ泣き続ける方がいいんです。

(3)

一度した恋は忘れないから、ならおめでとう好きだった人、を言えばいい

(4)

今日はもう、さようなら
明日 君は愛してくれるかな
愛してくれなくても
また次があるよね

(5)

あの時の言葉は嘘だったんでしょ
好き
愛してる
話さない
嘘の言葉なんていらない。
素直な気持ちが聞きたかった

(6)

失恋って悲しいけど失ったものは取り戻せる。 まだ出会ってないだけ

(7)

別れゎまたひとつの成長です。

(8)

あなたが精一杯愛していたのならば、失った恋もやがては思い出の宝物になるでしょう。だから愛したことを後悔しないで。きっとこの失恋は、あなたを成長させてくれるはずです。今は辛くても再びあなたに笑顔が戻る日が来ます。その日はきっと遠くないよ

(9)

つまずくのは、歩いていたから。
裏切られるのは、信じていたから。
失恋するのは、愛していたから。
辛いことがあるのは、ずっと幸せだったから

(10)

立ち直るなんてことは思わなくいい。自分によく頑張ったと褒めてあげればそれでいい。

(11)

何事も崩され、壊されるためにあるの。その証拠に貴方は失敗を何度だってしてきたはず。失敗しないで生きていくのは不可能。その失敗から学んで生きていくのだもの

(12)

笑いなさい。行動は表情につられます

(13)

人は恋をして告白をしてデートをして失恋して大人になる

(14)

苦しかったね、辛かったね、あんなに好きだったのにね、でも恋とはそういうものなのです、辛い恋は、忘れて新しい恋をしましょう

(15)

どんなに好きでも最後は別れるんです。どちらかが先に死にます。人に逢うということは必ず別れるということです。別れるために逢うんです。だから逢った人が大切なのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存