ほんとうに大好きだったから、悲しいんだ。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

楽しかった毎日、満ち足りた日々の思い出こそが、君からの最高の贈り物だ

(2)

悲しいことには慣れているつもりでしたが、独りになるのは辛いですね

(3)

自分に同情するな。自分に同情するのは下劣な人間のやることだ

(4)

悲しいときは全身で悲しみ、嬉しいときには手放しで喜ぶ。そういう人間で私はありたい

(5)

彼女が僕の前では自由にしていてくれるのが嬉しかった。目の前で美味しそうにプリンをほおばる姿がとても愛しかった。一緒にいると胸が詰まってものも飲み込むのも苦しいような…そんなキモチを恋というのなら、ほんとにオレばっかり恋してたんだな

(6)

なにか大切なものを手に入れるには、同じくらい大切なものを失わなければならない。人が生きるということ、仕事や恋愛をすること、あるいは成功や結婚でもいい。そこにはどんな人間にも、その人なりの等価交換の法則が働いているのだろう

(7)

もう2度と会えないなら好きな人の最後の思い出に残るのは泣き顔じゃなくて笑顔でありたい。少しでもあなたの瞳に綺麗に映りますように

(8)

この世の中、どんなお金持ちだろうと、どんなに美男美女だろうと、ハリウッドスターだろうと、王子だろうと、出会えた人としか恋は出来ないよ

(9)

遠くからじっとこらえて見つめているようじゃ幸せもきっと逃げてゆくわ

(10)

桜のように生きてほしい。辛い冬を乗り越え年に一度、春には深呼吸して自分を生き返らせるんだ。そうやって自分の中で春を迎えれば、きっと大丈夫さ

(11)

たかが失恋しただけでなに偉そうに立ち直れないなんて言ってるの。10年は早い。100回も失恋したら死んでみなさい。自分を甘やかしちゃ駄目なのよ

(12)

恋に勉強なんてないんや。勉強したつもりでも、新しい恋が始まって気が付いたらまた何にもわかってない自分がおる。それが恋ってもんや

(13)

恋は熱病のようなのもである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる

(14)

みずから苦しむか、もしくは他人を苦しませるか。そのいずれかなしに恋愛というものは存在しない

(15)

愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存