恋の悩みほど甘いものはない。失恋の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

最悪の時こそ、最善を尽くす、最大のチャンスである

(2)

終わった恋にしがみついてはいけません。感性を研ぎ澄ましていれば、恋の終わる気配は、ちょっとしたことで感じとれるはずです

(3)

愛するとは、何べんも何べんもゆるすことだ

(4)

愛情というものは移ろい易い。まるで、季節のように知らぬ間に移ろってしまう

(5)

もう傷つけることでしか好きだって確認できないんだ

(6)

男と女なんて、今日好きだって言っても、明日にはもう嫌いになってるかもしれない。そういう、うたかたみたいなものだから。なんでもかんでもあせって決めないほうがいいよ

(7)

人のものばかりよく見えて羨ましくて、自分のいい所は見つけにくいよね。でもいい所は皆にあるよ。形が違うだけ

(8)

あの時は、自分たちは特別な出会いをし、特別な恋におちているような気がしていたが、周りから見れば
平凡な恋愛だったのだろう

(9)

つらいときこそ、あなたはいい「運」をためている

(10)

あなたにとって気持ちのいい気温が、他の人にとっても気持ちがいいとはかぎらないでしょう

(11)

自分で、あの人は好きと思っても、その人がいい人だとは、きまっていないんだよ。その反対に、きらいだと思っても、その人が悪いというわけでないこともあるんだよ。きらいだと思う自分の方が、わるいことだってあるんだよ

(12)

色恋なんか二人の責任だ、どっちだって加害者で被害者だ

(13)

失恋くらいで、自殺をするのはやめなさい。その理由は、十年後にわかるだろう

(14)

ふり出しに戻ってるように見えても、ほんとは次の場所へ進んでいる

(15)

大切な出会いが生まれるまでには、それはそれは多くの人が、ただ通り過ぎていく。大切な出会いを生むために、と言っていいのかも知れない。そう、無数なすれ違いは、大切な出会いのための準備なんだ。そう考えると、全てが愛しく思えてくる。ただすれ違う人々にも、大いなる意味があるんだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存