愛するとは、何べんも何べんもゆるすことだ。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

始めるのに良い場所とは、あなたがまさに今いるその場所だ

(2)

失恋できるほどの人と出会ったことに感謝しよう

(3)

本当に大切なものを見つけるには、長い時間が必要だもの。時には気が遠くなるくらいのね。私もあの人に出会うまでに何十年もかかったのよ

(4)

大切なのはこれから先のことじゃないかしら。じゃあ、これからどうするのか。過去なんて、どうでもいいことじゃない。だって人は、過去を生きられないでしょう

(5)

必要なときに、絶妙なタイミングで、会うべきヒトに会うようにできてるんだよね。これが天の配剤ってヤツかなあ

(6)

好きではないからこそ、平気で会えるようになることもあるのだ

(7)

一度離婚した女は、たいていもう結婚なんかしないというものだが、半分は嘘で半分は本当ではないかと思う。また同じようなことが起こってはたまらないという警戒心と、たまたま自分は運が悪かったのだ、今度はきっとうまくやってみせるという意気込みとがごちゃ混ぜになる、というのが正しいだろう

(8)

若いうちは振られればいいのです。どんどん恋をして、振られてこその若さです

(9)

人生で一番悲しいことってあるでしょう? それを話せることが、その人を愛している証拠なの

(10)

「ふられた人をふりむかす効果的な方法」なんてのは簡単にはありません。「待つこと」、これしかありません。静かに、自分のことを地道にやりながらじっと彼女を待っていれば、必ずどこかで二度目のチャンスはあります。その二度目のチャンスを逃したら、それでおしまい。でも二度目のチャンスなんていつくるかもわからないのに待ってられないよ、というのであれば、彼女のことはさっぱりと忘れて、別の人を捜した方がいいと思います

(11)

強い人間の大きな勇気より、弱い人間の小さな勇気の方が、時には価値を持つこともある

(12)

プライドだとか恥ずかしいとか、そんなつまらないことにこだわらないで、仕事も恋愛も、自分からどんどん扉を叩くの。そうすれば、もっともっと新しい扉が開いてくるわよ

(13)

愛すべきは、その未熟さです。未熟さこそが、自分の最大の魅力で武器なのだと、胸を張りなさい

(14)

私は、楽観的になれば成功するという考えには否定的で、むしろ、幸せに人生を成功していく人は、何事がおこってもハッピーエンドストーリーにこじつける想像力が豊かであると言い換えたい

(15)

行動したからといって、いつも幸せが訪れるわけじゃあないかもしれない。でも、訪れた幸せのなかで、行動せずして得られたものは何もない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存