愛するとは、何べんも何べんもゆるすことだ。失恋の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

誰かを愛すること、誰かに恋することは自分の内に希望の力を育てること

(2)

別れはいつだって思いよりも先に来る

(3)

一回深く考えすぎると、男女のバランスは戻ってこない

(4)

恋というものは、振られてから頑張るものだよ。自分の評価じゃなくて、相手を喜ばすことを考えなくては

(5)

恋人を失っても、愛を失ってはいけない

(6)

愛情というのは与えるものではなく、愛したいと感じる気持ちを、相手からもうらうこと

(7)

愛があると思うのも錯覚、ないと思うのも錯覚

(8)

人と一緒に生きるってことは…大事な相手を傷つけたり、こっちが傷つけられたりすることも、増えるってことだから…本当は怖いことだし、危うい面も、あるはずだろ

(9)

運命の人に会うのはむずかしいよね。そうだよね。かんたんだったらつまらない

(10)

私はあの人が大好き。愛した記憶だけで一生幸せよ

(11)

人を好きになることは易しい。人を好きでいることは難しい

(12)

苦しみがなくなるのではない、苦しみでなくなるのだ

(13)

もう変わらなくてもいいと信じることが幸せなのではない。自分は変われると思うことが幸せなのである

(14)

人と別れた直後は、おうおうにしてそういうものだ。すぐにでもよりを戻せそうなくらいにいいところだけを思い出してみたり、それで限りなく目の前が真っ暗になって、まだ会えるならなんでもすると思いつめてみたり、かと思うと別れた理由が急に切実に迫ってきて仕方ないと納得したりをくり返すばかり。そんなことをしているうちに
時間のほうがどんどんたってくれるのを待つしかない

(15)

大好きな方が私と両想いになるより幸せなことがあるなら、ずっとそのままでいてほしいですわ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存