恋人を失っても、愛を失ってはいけない。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

命だっていつか終わりがくる。でもわたしたちが出会って、一緒に過ごした時間が消えてなくなるわけじゃない

(2)

楽しいことが終わってしまうのは、悲しいことや辛いことが必ず終わるためなんだよ

(3)

今の私はあの想い出と、あの想い出と、あの想い出で出来ている。それらをなかったことにしちゃうのは勿体ない

(4)

かなしい出来事を最大の幸福に変えることができる。かなしみのその経験があるから自分は成長できると考えればよいのです

(5)

恋愛は、涙を用意してするものです

(6)

人生はきっと誰かにバトンを渡すためにあるんだ。今日の私の一日が別の人の次の一日に繋がる

(7)

人って思いがけないところで繋がっていて、一度その鎖を断ち切っても、別のところで繋がっていたりするんですよね

(8)

人って思いがけないところで繋がっていて、一度その鎖を断ち切っても、別のところで繋がっていたりするんですよね

(9)

さよならが言える別れなんて、ほんとうに悲しい別れじゃないんだ

(10)

自分が幸せなとき、彼女も同じように幸せなんだと思っていた。でもいつしか、そうではなくなるときが来るだ。自分が幸せでも、相手が悲しんでいるときが来るのだ。恋には必ず終わりが来る。必ず終わるものと分かっていて、それでも人は恋をする。それは生きることも同じなのかもしれない。必ず終わりが来る、そうと分かっていても人は生きる。恋がそうであるように、終わりがあるからこそ、生きることが輝いてみえるのだろう

(11)

あんなに愛したはずなのに、いつか別れる時がやってくるのよね

(12)

あなたのいない人生なんて考えられない。あなたがいて、初めて私は自分の人生を生きたって、そう思えるようになるの

(13)

君が話したい相手の心の扉は、ときどき閉まっているかもしれない。でも、鍵は掛かっていない。鍵を掛けられた心なんて、どこにもない。ぼくは…そう教わって、いまも、そう信じている

(14)

深刻になりすぎると、見えるものも見えなくなってしまいます。そんなときは考えるのを止め、心が落ち着くのを待ちましょう。そうすると、見えなかったものがちゃんと見えてきます。不安になったり、憂鬱や心配事で頭がいっぱいになったら、しばらく自然に接してみましょう。自然に接していれば心が癒され、本来の自分のリズムに戻ることができます

(15)

苦しみというのは「ある自分」を維持しようとして始まることである。自分を壊すまい、と必死にがんばることが苦しみとなる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存