恋人を失っても、愛を失ってはいけない。失恋の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

あたしはあたしの都合で待とう。あたしが待つのはあたしの勝手だ。待ちたいだけ待って、もういいと思ったら待つのをやめたらいい。もしかしたら明日いきなり戻ってくるかもしれないし、突然新しい恋に落ちるかもしれない。明日のことなんか誰も分からないのだからそれでいい

(2)

愛されることと、憎まれることは、ほとんど差のないことだ

(3)

男女というのはいろんな状況を乗り越えていかなければならないし、恋愛というのは一言ではいえないもの。たとえば悲しいことがあっても世界の中で起こっている様々な現実に目を向ければ、それは小さなことに思える

(4)

愛することはゆるすことに似ている

(5)

他人を責めても、それで事態が好転することはありません。他人を責めたくなったら、自分はなぜその人を責めようとしているのかを考えてみることです

(6)

多かれ少なかれ誰だって傷はつくんだ。大きな傷を受けた人間が特別強いわけじゃないし、傷ついたからって弱いわけじゃない

(7)

過去を振り返ってもわかるかと思いますが、人はおおよそ、いつも同じような問題につまずくもの

(8)

もう元には戻れない。だったら、元に戻ろうとなどしなければいいのだ。どんどん変わっていくしかない

(9)

失恋の本当の痛手は、彼を失ったことではなく次の恋に踏み出せない臆病さのことだ

(10)

神様が人間にくれた最大のプレゼントは、忘れるってこと

(11)

古いものを捨てれば新しいものが入ってくる。逆に言えば、捨てなければ新しいものは入ってこない

(12)

自分のものにしたいと思う人は、きまって誰のものにもならないような人

(13)

ほとんどの人は、心の痛みには耐えられないと勝手に思い込んで、死ぬまで感情から逃げ回っています。でも、心の痛みにはもう耐えているのです。まだなのは、もう乗りこえたと感じることだけです

(14)

持っていないもののことを気にしていると、持っているものを無駄にしてしまう

(15)

誤解したまま別れましょうよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存