自分の障害を神に感謝しています。ヘレンケラーの言葉

スポンサーリンク

(1)

人生は胸躍るものです。そしてもっともワクワクするのは、人の為に生きるときです

(2)

科学は、たいていの害悪に対する解決策を見出したかもしれないが、その何にもまして最悪のものに対する救済策を見出してはいない。すなわち人間の無関心さに対する策を

(3)

あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、諦めずに頑張れば、うまく行くのです。そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう

(4)

私は正義のために戦っている人すべてに共感を覚える

(5)

光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い

(6)

個性は安らぎや静けさの中で生まれるものではありません。試練や苦しみを経験することでのみ、魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ、野心が鼓舞され、成功が手に入るのです

(7)

喜びとは、目的をあたため続け、知性を輝かせ続ける神聖な炎である

(8)

世界で最も哀れな人とは、目は見えてもビジョンのない人です

(9)

一つの幸せのドアが閉じる時、もう一つのドアが開く。しかし、よく私達は閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない

(10)

ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません

(11)

闇と沈黙の中でさえ、全てのものは、驚嘆すべきものを持っています。私はどんな状況にあっても、その中に充足があることを学んでいます

(12)

私は素晴らしく尊い仕事をしたいと心から思っている。でも私がやらなければならないのは、ちっぽけな仕事をも素晴らしくて尊い仕事と同じように立派にやり遂げることなのだ

(13)

悲観論者が、星についての新発見をしたり、海図にない陸地を目指して航海したり、精神世界に新しい扉を開いたことは、未だかつてない

(14)

物事を成し遂げさせるのは希望と自信です

(15)

本当の教育は知性と美しさと善良さを組み合わせたものです。そしてこのうち一番大切なものは善良さです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存