痛みを知らない奴だけが、他人の傷を見て笑う。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

わが後に 生まれむ人は わが如く 恋する道に 逢ひこそなゆめ

(2)

やさしい言葉なんて役に立たないことがあるよね。自分だけで闘わなくちゃいけないときがあるよね。つらいこと乗り越えていつか見えてくるものがあるよ

(3)

どんな失敗も挫折も、私たちのすべてにかかわるものではない。それはあくまでも計画のひとつ、恋愛のひとつ、夢のひとつの挫折にすぎない

(4)

治療法は、たった1つ。深い悲しみには、動くこと

(5)

死のうと思っていた。今年の正月、よそから着物一反もらった。着物の布地は麻であった。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った

(6)

ひどく傷ついているのに、無理して隠そうとする。涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ

(7)

また朝がやってきた。本当に不思議だ。どんなにショッキングなことがあっても、日常はきちんと進んでいく

(8)

包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに人の傷にふれてはならない

(9)

わたしは傷を持っている、でもその傷のところからあなたのやさしさがしみてくる

(10)

憎むのだって、エネルギーが必要だ

(11)

どんな悲しみにもそれにふさわしい深い幸せがきっとある

(12)

人より壊れやすい心に生まれついた人間は、それでも生きていくだけの強さも同時に生まれ持っている

(13)

恋愛はやはり怖い。男と女の関係は、時として、周囲の想像を遥かに超えるトラブルを生む

(14)

お話というものはね、けっして、ほんとにおわるってことはないんだよ。いつまでも、いつまでも、つづくものなのさ。ただ、ときどき、あるところまでいくと、話すのをやめるだけなんだよ

(15)

何かを失ったとしても、あきらめない気持ちがあれば、新しい何かが始まっていく。未来を切り開くのは、あきらめない気持ちだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存