痛みを知らない奴だけが、他人の傷を見て笑う。失恋の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

誰かを選ぶことは、誰かを傷つけることでもある。その勇気はもち続けなければいけないし、悪や痛みは引き受けなければならない

(2)

よろしい、泣きなさい。はい、悔しかった。腹も立った。そんな時は、泣いて泣いて、泣き尽くすのです。しかし心配はいりません。思い通りにならぬことは、一つくらいあった方がいいのです。その悔しさを他にぶつければ、あとはすべて思い通りになります

(3)

痛みが、心の中のなにかを癒す。そんなこともあるのだ

(4)

思い通りにならないこともあるのが、しあわせに暮らすための必須条件

(5)

「悲劇」こそ行動の世界であって、それは運命であり、生きがいである

(6)

わたしたちの体全体の細胞は、二年か三年くらいで全部入れ替わるんだって。だから、なのかな。あんなに悲しかったのに、今ではちゃんと生きられる

(7)

無傷で人生をくぐり抜けることなんて誰にもできない

(8)

成就した恋ほど語るにあたいしないものはないが、成就しなかった恋ほど語るにあたいしないものもない

(9)

自分の置かれている境遇に耐えられそうにない時には、誰か恨みや憎しみをぶつけられる相手がほしいものなのよ

(10)

生きることは失うことと同義だ…。日々を過ごしているだけで私たちは何かを失う。失わない人生はあり得ないのだ

(11)

実際に、約束を破られたり、信頼を裏切られたりした時に、動揺しないために一番いい方法は、どうすることなのだろうか。話は簡単である。それは最初から他人に過度の期待をしないこと、もしくは願望を持たないことである

(12)

初めて恋愛を経験したときには誰でも、この愛は絶対だって思い込む。絶対って言葉を使っちゃう。でも人間には-この世の中には、絶対なんてことはないんだよって、いつかわかるときがくる。それがわかるようになって初めて大人になるっていうのかな

(13)

捨てられた女って燃えるゴミかね、燃えないゴミかね。やっぱり燃えるゴミだと思うよ。捨てられたら
めらめらと怒りに燃えて、新しい恋に燃えあがる

(14)

どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです

(15)

なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが、いつまでもなつかしいのね。忘れられないのね。別れたあとってそうらしいわ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存