怒りに燃えて、新しい恋に燃えあがる。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

私の愛人が他の男によって幸福になるのを見るくらいなら、私はその女が不幸になるのを見たほうがましだ

(2)

でも、何といったって、誰にも愛されないよりはまだ誰かに捨てられたほうがましだよ

(3)

恋には経験というものはない。なぜなら、そのときにはもう恋していないのだから

(4)

初恋に勝って人生に失敗するというのは良くある例で、初恋は破れるほうがいいと言う説もある

(5)

愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない

(6)

愛の原則においては、早々と失望することが、通常、回復薬として描かれる

(7)

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。

(8)

笑いとばせるようなことを見つければいいのよ

(9)

人は人に捨てられたりなんかしない。自分が自分を捨てることしかできないよ

(10)

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ

(11)

上手に別れられるなどということは、まったく稀なのだ。そういうのは、ちゃんとうまくいっていたら、別れたりはしやしない

(12)

あつーいお風呂に肩までつかっても癒やせない、そんな悲しみがこの世にあるとは思えません

(13)

涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの

(14)

女は、人生で一度や二度は、ワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ

(15)

この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存