心は、過去の悲しみから脱皮するもの。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

愛は決して主張せず、ただ与えるもの。ときに苦しむことはあるが、憤慨することもなければ復讐することもない

(2)

世間に一杯いる情熱的な女で、捨てられたら死んでしまうと公言しなかったのは一人もありません。ところがそんなので今に生き永らえていない女、悲しみを忘れずにいる女は、一人もいないのです

(3)

おしまいだからって泣かないで、それが経験できたことに笑顔になろうよ

(4)

別れの激しい苦痛によってのみ、愛の深みを見ることができるのだ

(5)

愛は中断するのが最も難しく、それでいて満たすことも最上級に難しい習慣なのよ

(6)

別れは世界の終りじゃなくて、新しい幸せのはじまりよ

(7)

いかなるものも変化しつつあります。これは真理です。だからあなたがいまどんな苦境にあろうとも、その状態を保持する努力をしない限り、永久に続くはずがないのです

(8)

愛は涙に漬けて保存される時が最も愛らしい

(9)

別れたあとの男と女は思い出を分かちあう

(10)

別れに綺麗も汚いもありません

(11)

去年は失恋でつらかったのに、今年はまた新しい恋の炎がめらめら。おれの見るかぎり、あのことわざはウソ。「やけどした子は火を怖がる」なんてことはない

(12)

同居でも別居でも、打算が必要。自分の意見を伝えないと後悔するわよ

(13)

愛を後悔するのは不可能です。愛の罪なんて存在しません

(14)

私は木を切るのに忙しくて、斧を見る暇がなかった

(15)

恋愛はいつも違う終わりを迎える。始まりもいつも違う。特に私は

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存