心は、過去の悲しみから脱皮するもの。失恋の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

いまこそ、私たちが愛しつつ恋人を離れ、ふるえながら、それに堪えるときではないのか

(2)

愛する勇気がある者には、かならず苦しむ勇気がある

(3)

悲しみは解ける、五月の雪のように、そんなに冷たいものなどはありはしないように

(4)

たとえばあなたがこう言うとき、わたしはあなたを憎むでしょう。「ふたりでいられるよう努力しなければいけない」それは違う、そこに居たいと思わなければ意味がないのです

(5)

あやまちなどというものは存在しません。あやまちはそこから必ずなにかを学べる恵みなのです

(6)

妻である私が愛人に負けたのです

(7)

私の心に、嘘を詰めないで

(8)

いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ

(9)

もう一度だけ彼女に会いたい。そしてひざまずき、こう言いたい。思いもよらないでしょう。あなたなしで、ぼくがどれほど幸せか

(10)

人って感情的な時にこそ、音楽が必要になるの。感情的になりやすい時って、恋に落ちた時か失恋した時

(11)

一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから

(12)

生まれ変わったら一緒になろうね

(13)

あなたを捨てた男のためなんかに泣いては駄目。次の男があなたの笑顔に恋するかもしれないでしょ

(14)

傷ついたハートを治す最良の方法は時間と女友達よ

(15)

愛は、「理解」と「誤解」という、奇妙で理解しがたいふたつの要素を、不可欠なものとして含んでいる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存