生まれ変わったら一緒になろうね。失恋の名言

スポンサーリンク

(1)

情熱的な愛というのを私はほとんど知らない。ときどき「これだな」と思ったことはあるけれど、棄てられたための苦悩にすぎなかったんじゃなかろうか

(2)

ある日、思いがけない口づけを恋焦がれている人と交わしてしまったのだ。確かに過去を振り返れば人生は長かったけれど、あの瞬間にしか私は生きていなかった

(3)

私はたった一人で、自分ひとりきりで失恋します

(4)

自分から好きになっちゃって、自分から相手の色に染まって、相手からしてみれば全く面白みのない人間に自分からなっちゃってて、だから、捨てられちゃうんです

(5)

愛から逃げてはいけないのだ。必要なだけ時間をかけて、支えを求めるようにしよう。近いうちに苦痛は消え、愛の力がもう一度みなぎるのを感じとれるようになる

(6)

ぐずぐずしていると、そのうち、失恋することもできなくなるよ

(7)

女が夢中になる男って、最後に選ぶ男とは違うものよ

(8)

何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう

(9)

あなたの人生がかけがえのないように、あなたの知らない人生もまたかけがえがない。人を愛するということは、知らない人生を知るということだ

(10)

恋は、やがて他の恋によって癒される

(11)

失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ

(12)

愛はすべてに対する答えであり、何かをする上で唯一の理由である。自らが誰かを愛する物語を思い描かないのならば、そしてまた他者が誰かを愛する物語を思い描かないのならば、あなたがそれを成し遂げることは決してないであろう

(13)

別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです

(14)

どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する

(15)

愛しているものがあったら自由にしてあげなさい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存