生まれ変わったら一緒になろうね。失恋の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

別れるときは、相手が逃げ出すような女になる。大好きだった相手へのそれが最後の思いやりです

(2)

そうです。割り切れないのが、恋というもの

(3)

嫌いは好きの裏返し。本当の嫌いはさようなら

(4)

何もかもが変わっていく瞬間があります。今まで嘆いていたことが突然どうでもいいことに思えてくるのです

(5)

思い出が悲しいのではない。思い出を美化するから、悲しいのだ

(6)

世界に何十億と女がいるのに、一人の女に振られただけで、そんなに落ち込んでどうする。もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女の子は一杯いる。めぐりあってないだけだ

(7)

悲劇的な人生はロマンチックなのよ。それが他人の人生ならね

(8)

大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる

(9)

男との愛は、情緒ではなく幻想だ

(10)

報いられぬ恋は霜にうたれてしおれた樹木に似ている

(11)

静かな夜だ。静かな夜は、いつだって、誰かを泣かせている

(12)

二人の間に恋が失くなった時、愛し愛された昔を恥ずかしく思わない人はほとんどいない

(13)

彼女たちが私たちを愛しているとき、彼女たちが愛しているのは本当は私たちではない。しかし、ある朝、彼女たちがもはや愛さなくなるのは、確かに私たちである

(14)

彼女たちが私たちを愛しているとき、彼女たちが愛しているのは本当は私たちではない。しかし、ある朝、彼女たちがもはや愛さなくなるのは、確かに私たちである

(15)

恋をすると誰でも自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わるのが常である。これが世のいわゆるロマンスである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存