勇敢な者はそれを理想と呼ぶ。希望の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える

(2)

私は起業家という言葉をいつも拒否してきました。「会社を始めよう、何の会社にしようか」では決して成功はないと思います

(3)

これだけは知ってほしい教訓 - 自分らしく生きるためには失うものもある

(4)

夢のある者には希望がある。希望のある者には目標がある。目標のある者には計画がある。計画のある者には行動がある。行動のある者には実績がある。実績のある者には反省がある。反省のある者には進歩がある。進歩のある者には夢がある

(5)

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ

(6)

ほとんどの人は今持っているものを守ることに必死で、ほんとうに夢見ているものを手に入れるためのリスクを避けている

(7)

夢に酔っていればこそ、それを実現させる情熱が湧いてくるのです

(8)

危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ

(9)

自分の望む方向に歩み始めよう。はじめの一歩はとるにたらないかもしれないけど

(10)

夢を掴むことというのは一気には出来ません。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます

(11)

結局、みんなが嫌がることを我慢してできるかどうかなんですよ。オレはスーパーマンでもなんでもない。ただみんなが嫌なこともやれるし、夢のためにやりたいことも我慢できる。それを本当に徹底していて、あとは人よりも思いがちょっと強いだけ。その差が結果に現れたりするんですよ

(12)

夢、これ以外に将来を作り出すものはない

(13)

僕の人生はそれほど長くないだろう。だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。ここ数年のうちに何がしかの仕事をやり遂げてみせる

(14)

人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである

(15)

本当に進むべき道を選ぶには、自分のひらめきだけがたよりです。理性が教えてくれるのは道の先になにが待ち受けているかだけです。本当に自分を賭けることができるかどうかは、教えてくれません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存