カッコ悪くても、勝つことが一番大事。錦織 圭の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

ストロークにいいリズムが生まれていいテニスができる

(2)

いろんなプレッシャーがかかる

(3)

シードを守っていかないといけない

(4)

上を向いてやりたい

(5)

本番のゲームでしか体験できないことがある。そして、それを体験することが自分をより高めることになるんです

(6)

復帰当初は全く思うようにプレーができず、かなり悩みました。でもそれにはひとつひとつ積み重ねていくしかないんですよね。フォームだったり、ショットの感覚だったり。 自信を積み重ねる事が一番だと思います

(7)

今回の怪我でたくさん学んだことがあります。ひとつは気持ちが強くなったこと。常に上向きの姿勢でいることができていると思います

(8)

世界一になりたい

(9)

これまで知らなかったレベルでのテニス、戦う気持ちを知ることができました

(10)

自分の中に何かひとつあれば強くなれる

(11)

勝つのもいいけど すっぱり負けるのも悪くないよ。

(12)

前に勝ったことは自信にはなるが、その時よりも、今回の方が、より勝てる可能性は広がっている

(13)

優勝できなかったことについては、ごめんなさい。応援してくれた人たちにも感謝しています。とても楽しい2週間でした。来年、またこの場に戻ってきます。そして必ず優勝します

(14)

フェデラー選手は最高の選手の一人ですし、まだ彼とは試合をしたことがないので、近い将来是非対戦してみたいと思います

(15)

いつでもラッキーが来る!そう思え

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存