あなたにエールを送る言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

どう言えば部下がやる気になるかを徹底的に考えたうえで発言しなくてはいけません。それができないのは、表向きは「部下のため」と言いながら、実際には自分が抱えている怒りやいらだちを部下にぶつけているからです

(2)

想像力を、自らを怖がらせるためでなく、自らを鼓舞するために使いなさい

(3)

わたしの命がわが国のためになるなら、わたしはそれを厭いません。もしわたしが今日死ぬとしても、わたしの血の一滴一滴がわが国を元気づけてくれるでしょう

(4)

自分が生きていく上での参考書、自分を肯定し、常に激励してくれる人を持つということ、これは人生をより豊かに、幸福に満ちたりたものにする秘訣ではないか、と思います

(5)

形だけのおくやみや、口だけのはげましは、被害を受けた直後の人々にジャマなだけである

(6)

毎日精一杯やってみようと決意すれば、人生は、思いがけない励ましで満たされ続けるでしょう

(7)

和というのは、ただ仲良く遊ぶという意味のものではない。互いに励まし合って勉強する
事、これを和と謂う

(8)

「まあまあ」は本質的に優しい言葉だ。労りも励ましもある

(9)

きれいな花をほめる人はあっても、花を生かしている土中の根を思う人は少ない。花は自分の美しさを知らない、そこにおくゆかしさがある。信仰は人生の力である。 他人を困らせて得たのは自らの身につかない。朝は希望に起き、昼は努力に生き、夜は感謝に眠る。幸福は外に求めるな、現在与えられている境遇の中に見いだせ。 現在は過去の集積である。未来の人生は今積み重ねつつある。頬よせて共に笑える人がある。抱き合って一緒に泣ける人がある。プンなぐり思告しあえる人がある。肩たたき激励しあえる人がある。我こそこの世の幸運児。たとえ一生を尽してでも、遇わねばならないひとりの人がいる、それは私自身

(10)

どこにでもいる普通の人々に、機会と激励を与え、やる気をひき起こすことができれば、可能なことに限界はない。これは、経営と仕事において、絶対的なことだ

(11)

自分を激励する秘訣は、自分に向かってこう言い聞かせることだ。「自分と大して知能の違わない、普通の出来の人間でさえ、難問題を解決した者が数え切れないほどいるのに、自分にできないことがあるものか」

(12)

僕の滑りでみなさんが強さと、そして励ましを感じて下さることを、本当に願っているんです。ショーの後、来シーズンに向けて細かいことを決めていくことになるでしょう

(13)

経営者は自分で自分を動機づけなくてはいけないんです。奥さんから励ましてもらうなんてあかんのや。「社員に元気づけられた」なんて言っている経営者は何を考えているんだ。逆じゃないか

(14)

応援メッセージや励ましを目にしたり、耳にしたりした時に本当に自分は幸せな人間だなと実感しました

(15)

自分を励ます最上の方法。それは誰かを励まそうとすることだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存