自分を褒めること。あなたにエールを送る言葉

スポンサーリンク

(1)

部下の家庭に何か悩み事があるときは、解決の手助けができればいいのですけれど、できなくても慰めや励ましの言葉をかけることはできるのです。

(2)

如何なる臆病太郎でも「お前は強いぞ」といつも励まされれば、卑怯な真似は出来ないものである

(3)

頑張ってる姿を見るのは、「頑張って!」って応援されるより励まされる気がしますよね

(4)

子供は、励まされて育つと、自信を持つようになる

(5)

素晴らしい人生とは、愛に鼓舞され、知識に導かれた人生だ

(6)

金銭的報酬についての不満は勤労意欲を低下させる。しかしその満足は必ずしも勤労意欲を鼓舞しない

(7)

個性は安らぎや静けさの中で生まれるものではありません。試練や苦しみを経験することでのみ、魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ、野心が鼓舞され、成功が手に入るのです

(8)

ビジョンを持つことだ。理想を描くことだ。あなたの心をこよなく鼓舞するもの、あなたの心に美しく響くもの、あなたが純粋な心で愛することのできるものを、しっかりと胸に抱くことだ

(9)

癒しの技の中で決してなくしてはいけない要素が一つある。それは激励の言葉を伝えることだ

(10)

若者には、通常の成功を人生の第一の目的とすることを教えるべきではありません。学業と労働の最も重要な動機は、学んだり働いたりすることそのものの喜びと、その結果として社会に貢献できるという期待感でなければなりません。教育者の最も重要な課題は、若者を励まして、そういう意識を待たせることです

(11)

もっと部下に近づけ、声をかけよ──幹部は部下に仕事を任せても、部下の行動に気を配り、迷いがあればアドバイスし、困っておれば助け、ためらっているときは励ますといった態度が必要だ

(12)

時に自分との闘いだったり、自分で自分を励ますことだったり、本の言葉の向こうに、つねにもう一人の自分を見いだしていくのが読書

(13)

毎朝自分自身に励ましの言葉をかけるなんて、馬鹿馬鹿しい子供じみたことであろうか?
そうではない。これこそ健全な心理学の真髄というべきものだ

(14)

あなたが何かを信じると、それはあなたが意識するしないに関わらず、心の中で大きな場所を占めるようになります。だから、信じるなら、あなたを励まし、祝福し、幸せをもたらすものにしなさい

(15)

他人を励ますことはできても、自分を励ますことは難しい。だから―─というべきか、しかし―─というべきか、自分がまだひらく花だと思える間はそう思うがいい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存