泣けばいい、それが人間だ。思わず泣ける言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

我々は、生まれてくるときも、人生を過ごすときも、また死ぬときも、常に独りだ。ただ愛と友好を通してのみ、我々は「自分は独りではないのだ」という幻想を築くことができる

(2)

愛しているものがあったら自由にしてあげなさい

(3)

別れるときは、相手が逃げ出すような女になる。大好きだった相手へのそれが最後の思いやりです

(4)

失ったものは大きかったかもしれないけど、得たものも大きかったはず

(5)

世界に何十億と女がいるのに、一人の女に振られただけで、そんなに落ち込んでどうする。もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女の子は一杯いる。めぐりあってないだけだ

(6)

どんなに辛くても、自分の夢が大きければ負けない

(7)

失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないことなの

(8)

すべての人に理解して欲しいと思わない

(9)

迷ったときは、前を向け

(10)

ユーモアは人を魅了します。周りからおかしな人と思われても構わず、常に笑ってみてください

(11)

キレイになりたかったら、己が好きなものに向かいなさい。万人に共通するキレイなんて、ないのよ。あるのは、あなた自身だけ

(12)

人の値打ちは失敗から立ち上がるかどうかで決まる

(13)

人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから

(14)

眉間に皺を寄せていたところで怪我が早く治るわけでもない。むしろ、明るく危機を受け止める姿勢にこそ早く治るきっかけがある

(15)

静かな夜だ。静かな夜は、いつだって、誰かを泣かせている

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存