迷ったときは、前を向け。思わず泣ける言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

恋の喜びは一瞬しか続かない。恋の悲しみは一生続く

(2)

失敗には達人というものはない。人は誰でも失敗の前には凡人である

(3)

終わりのある愛は悲劇じゃないわ。終わりのない愛こそ悲劇なのよ

(4)

なまけものには、能力は育たないのです。果報は寝て待っていても来ない。努力する人間にだけ与えられるのですね。それもね、厳しいと感じないで努力する、愉しんで努力するようになりたいものですね

(5)

新しいことに挑戦するのは怖くないわ。怖いのは、挑戦する気持ちを失うことよ

(6)

人に好かれたいなら 人を好きになれ。 優しくされたいなら、優しくしろ。信じてほしいなら、自分から信じてみろ。信じて信じて、もし裏切られたら、相手を批判するんじゃなく、自分をほめよう。こんなにも、人を信じることができた、自分を誇リに思おう

(7)

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである

(8)

つまづいたっていいじゃないか。人間だもの

(9)

「さようなら」と私は彼の元を去りながら、心の中で叫んだ。そして、絶望がそれにこう付け加えさせた。さようなら、永遠に

(10)

「出来ない」って 途中で諦めちゃう方が楽。 前に進まない方が簡単。でも自分が自分の可能性を 信じなきゃ何も始まらない。今できることを全力でやる。自分を信じる。出来るって強く願う。その先に輝いている自分の夢をつかむために

(11)

間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ

(12)

10本連続でシュートを外しても僕はためらわない。次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する最初の1本目かもしれないだろう

(13)

こんなに苦しいのなら悲しいのなら…愛などいらぬ

(14)

悲しいときは全身で悲しみ、嬉しいときには手放しで喜ぶ。そういう人間で私はありたい

(15)

人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存