悲しいときには泣くがよい。思わず泣ける言葉

スポンサーリンク

(1)

泣きたいときは、遠慮しないで泣きなさい。涙が乾いたら、代わりに希望の芽が出てくる

(2)

恋で泣くのはお止し。この世に男は一人じゃないよ

(3)

強がりなんか いうことないよ やせがまんなど することないよ だれにえんりょが いるもんか 声をかぎりに 泣くがいい ただひたすらに 泣けばいい

(4)

短く笑って、長く泣く。それが恋の習いだ

(5)

死んで誰一人泣いてくれるものもないくらいでは、生きがいのないものだね

(6)

泣くときは一人だが、笑えば世界も一緒に笑う

(7)

人生ってそれ(出会い)だけって気がします。泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり、すべてが出会いから起きていますよね

(8)

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ

(9)

私は理想を捨てません。どんなことがあっても、人は本当にすばらしい心を持っていると今も信じているからです

(10)

泣くことを恐れるな。涙は心の痛みを流し去ってくれるのだから

(11)

世の中には、それこそいろいろあって、誰だって傷つくんだから、「痛い」と泣いてないでバンソウコウを貼って、しっかり生きていかなきゃダメよ

(12)

私が死んだ時、私のために泣いてくれるというのなら、私がまだ生きているうちに哀れんでくれ

(13)

泣きたいときにはたくさん泣くといい。涙がたりなかったらお水を飲んで、泣きやむまで泣くといい

(14)

小さなチャンスを笑う人は、小さなチャンスに泣く。まずは、目の前のチャンスから見て欲しい

(15)

我々は生まれるときに泣く。死ぬときにではない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存