悲しいときには泣くがよい。思わず泣ける言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生

(2)

人間は笑い、かつ泣く唯一の動物である。なぜなら人間は、あるがままの事実と、あるべきはずの事実との相違に心を打たれる唯一の動物であるからだ

(3)

汝が生まれたとき、汝の周囲の人々は喜び、汝のみが泣いた。汝がこの世を去るときには、汝の周囲の人々が泣き、汝のみ微笑むようにすべし

(4)

泣き言ひとつ言えないのは、心から話せる相手がいないということ

(5)

人間の気持ちは、その時々に変化する。今が幸せであれば、過去の全てはバラ色に、有意義に目に映る。しかし、今が不幸であれば、過去は全て灰色で無意味に思えるものである。その意味では、過去を笑うべきではないし、過去を泣くべきではない

(6)

思いあがった人間は、人の真心に泣くことも人生の神聖なものを感じることもないだろう

(7)

一緒に泣いた時に、はじめてお互いがどんなに愛し合っているのかが分かるものだ

(8)

目を見つめて、一緒に笑い、一緒に泣く気持ちがないなら、他人の話を聞かないで

(9)

一緒に泣くことほど、人の心を結びつけるものはない

(10)

泣きごとをいわぬこと。困難は世のつねの姿である。困難に行き当たって泣きごとをいったり、ブツクサこぼしていたりしたら、それこそ人間は一生そんなことで終わらなければならぬ

(11)

絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ

(12)

泣きごとをいわぬこと。困難は世のつねの姿である。困難に行き当たって泣きごとをいったり、ブツクサこぼしていたりしたら、それこそ人間は一生そんなことで終わらなければならぬ

(13)

神様以外の者に泣き言を並べるのは、品格を落とす

(14)

絶えず苦情ばかり言っている奴は、いざとなると決して思いきった行動はできない。行動の伴わない自分本位の苦情、泣き言の類くらい見苦しいものはない

(15)

泣き言は、やれることを全部やってからだよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存