それは頑張ったから。悔しい時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

” 悔しい ”と思うのは『負けたくない』・『勝ちたい!』と思って頑張ったから。
自信を持て。 負けたくないって思えた自分に。
大丈夫。負けて” 悔しい ”って思える自分なら
きっとこの先も強くなろうと前に進めるから

(2)

悔しさは次の喜びへのバネとなる

(3)

サッカー選手は試合に出て初めて評価される。だから出られないと悔しい。その悔しさは、すべて練習にぶつける。そうしてひたすらチャンスを待つ。できることを日々精一杯やっていれば、機会は必ず巡ってくるはずだ

(4)

涙の数だけ人は弱くなる。弱くなるから、より強くなりたいって食いしばれるんだ

(5)

悔しい思いをしたくないっていいながら、悔しい!って思う瞬間が大好き

(6)

人間の敵は、やはり同じ人間だったな

(7)

自分の過ちを認めることほど 難しいものはない

(8)

男は悔しさをエネルギーにして前進していくのだ! 「 今に見ておれ 」、この言葉を忘れてはいかんぞ

(9)

花ならつぼみの私の人生 この青春の始まりを、 悔いのないよう 大切にしたい

(10)

病気は、どうして私を選んだのだろう。 運命なんていう言葉では かたずけられないよ

(11)

後になって悔しがっても始まらない。後悔とはそういう言葉だ

(12)

わたしは人間らしく生きることがすごく素敵なことだと思っているので悲しい時は我慢せず泣いて、嬉しい時はいっぱい笑います。あの時は悲しかったので泣きました

(13)

『負けて悔いなし』という言葉は嫌いだ。負ければ絶対に悔いは残るだろうと思うのだ。『力を出し切った』というのならわかる。実際、そういうことは自分も何度か経験した。力を出し切っても、勝てないことは絶対にある。だが、それは悔いがないということとは違う。たんに相手のほうが、自分たちより力が上だったということだ。

(14)

「悔しいってことは、あきらめてないから! 落ち込むことは明日への糧である

(15)

初めて負けたワケではない だからといって情けないという気持ちを忘れるワケじゃない
悔しさに慣れるワケじゃない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存