人生の思い出になるんだ。別れの言葉

スポンサーリンク

(1)

好きな人に好きな人ができたと言われる以上の苦しみや悲しみなんてない

(2)

今別れこの触れ合いが最期となりとも永遠ではないわ。何故って?魂となりあの世で再会できると信じているからよ

(3)

愛してた、友達以上恋人未満だけど、確かに愛はある、そんな関係を終わりにするのは、新たな、愛情であり傷を癒すには、また新たな愛情と時間と言う名の処方箋が必要である

(4)

一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから

(5)

愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である

(6)

恋の病を癒す薬はいくつもある。しかしそれに間違いなく効く薬というものはない

(7)

初恋に勝って人生に失敗するというのは良くある例で、初恋は破れるほうがいいと言う説もある

(8)

でも、何といったって、誰にも愛されないよりはまだ誰かに捨てられたほうがましだよ

(9)

恋は熱病のようなのもである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる

(10)

みずから苦しむか、もしくは他人を苦しませるか。そのいずれかなしに恋愛というものは存在しない

(11)

愛する人と共に過ごした数時間、数日もしくは数年を経験しない人は、幸福とはいかなるものであるかを知らない

(12)

愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ

(13)

恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない

(14)

恋人同士は未来を語り合わなくても未来に再会することを確信している。恋人同士は絶えず未来を語り合うが、未来は彼らの恋愛には無い

(15)

恋をすることは苦しむことだ。 苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。 でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存