人生の思い出になるんだ。別れの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

失恋は、(自分の)感性の豊かさを味わえるめったにないチャンスなのである。そのときに世界は急激に広がる。心の機微が見えてくる

(2)

ぐずぐずしていると、そのうち、失恋することもできなくなるよ

(3)

失恋は、悲劇じゃない

(4)

私は愛して失恋したい。私が欲しいのは経験です

(5)

失恋は、あなたを苦しめない。あなたが、失恋という現象に加えている意味づけだけが、あなたを押し消す

(6)

一般に女性は三つの妄想を抱いている。第一に、結婚が男を作り変えるだろうということ。第二に、かつて自分を拒んだ恋人は、生涯失恋の痛手をこうむるだろうということ。第三に、他の女達がその辺にいなくなりさえすれば、彼はやがて戻ってくるだろうということ

(7)

女の子は、結婚がなによりもお好きだが、たまにちょっと失恋するのも、わるくないと見えるね

(8)

失恋すると、5年後に素晴らしい事が起こります。エレベーターに乗ったら、ハゲて太ったあの人がいて、葉巻をくゆらせながら「ずいぶん長いこと会わなかったね」なんて言ってたりするの

(9)

自分の存在の一部分が消えてしまう空虚さ、悲しさ。それが失恋ってやつだ

(10)

あなたの人生で何かに失敗したら、失恋でも、試験の不合格でも「今でよかった」と思うことである。何故失敗したかを理解し、賢くなったことで、後のもっと大きな悲劇が避けられたのである。その失敗は、自分の人生でいずれ通らなければならない場所なのである

(11)

失恋ほど、人間に行動力を与える経験はない

(12)

失恋によって傷つくことなどありません。魂が磨かれるだけです

(13)

失恋だって恋のうち

(14)

その失恋があなたにとって幸運ではないと、どうして言えますか

(15)

性本能なしにはいかなる恋愛も存在しない。 恋愛はあたかも帆船が風を利用するように、この粗野な力を利用する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存