身を削るだけの恋愛ならやめたほうがいい。別れの言葉

スポンサーリンク

(1)

追いかけてはいけない。追いかけないのが恋愛の武士道である

(2)

いまこそ 私たちが愛しつつ恋人を離れ ふるえながら それに堪えるときではないのか

(3)

この世はままならぬものです。泥の中でももがくような苦しい日々に遭うこともあります。ですが…矜持を見失ってはなりません。誇りさえしっかと胸に抱いていれば、どんな不幸にも耐えられないということはありません

(4)

人間は、生きている間に無数の別れを経験しなくてはならない。相手を見送るか、自分が見送られるかのどちらかで、最後にはすべての人と死に別れる。人だけではありません。大切にしていたモノをなくしたり、行事や風習などのコトがなくなったり、大好きだった風景が失われたり、どうしようもない別ればかりです

(5)

恋愛と同様、解雇する際は別れ方が大事。相手に感謝しつつ、決してわだかまりは残さない

(6)

人間は一度別れて再び会えると思うことはまちがいなのです。再び会えないと思うのが正しいのです

(7)

別れの種は、すでに出会いのときから蒔かれている

(8)

別れは出会いしかし出会いは別れではない出会いはまた出会いを呼ぶ

(9)

大丈夫…俺はお前の傍にいるよ…陽が落ちても月が昇っても、いつか別れる日が来ても…それでも俺は、お前の傍に居続けるから

(10)

言葉が相手に届かないのは、何故?それは、言葉に意味がないから。想いのない言葉で意思は伝わらない。想いが伝われば言葉は要らない。形にする、勇気と覚悟がなければ、言葉は、意味を持たない

(11)

いま、わたしはひとりで行く。あなたがたもいまは別れて、ひとりで行きなさい

(12)

俺にも、やっとわかったよ。本気で惚れた「おんな」と別れ・・もう、二度と恋ができないことがね

(13)

あらゆる残酷な空想に耐えておけ現実は突然無慈悲になるものだからないつか来る別れ道に備えて

(14)

片思いにも別れがある

(15)

ながい間、いろいろ親切にして頂いたことを嬉しく思います。僕はいま誰とも、さりげなく別れてゆきたいのです。妻と死に別れてから後の僕の作品は、その殆どすべてが、それぞれ遺書だったような気がします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存