身を削るだけの恋愛ならやめたほうがいい。別れの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

五十、七十、百まで生きても。アッという間の一生涯だよ。何が何やらわからぬまんまに。会うて別れて生まれて死に行く

(2)

別れなさい

(3)

僕はもう、お母さんの顔を見られなくなるかも知れない。お母さん、良く顔を見せて下さい。しかし、僕は何んにもカタミを残したくないんです。十年も二十年も過ぎてからカタミを見てお母さんを泣かせるからです。お母さん、僕が郡山を去る日、自分の家の上空を飛びます。それが僕の別れのあいさつです

(4)

人は変われるものなのだろうか。何かを得ることで、失うことで、誰かに出会うことで、別れることで

(5)

ありがとうとさよならって似ているじゃないですか。こんな風に遠く離れて、電話だけで、別れに似ている言葉を伝えたりしないでください。あたしは、あなたにお礼も別れも告げられたくは、ないのです

(6)

これが最後の別れと思うと悲しい。行きたいのは、死出の道でなく生きる道だったのです

(7)

生活は、男女の出会いに始まり、別れで終わる

(8)

どんな別れがあったとしても出会ったことにはかならず意味がある

(9)

別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます

(10)

恋人に会う心は下校する生徒のように軽く恋人と別れる心は登校する生徒のように重い

(11)

不倫をするなら、愛人としてのプライドを貫くべき。奥さんと別れて、とか 帰らないで、なんて陳腐なセリフ死んでも言わないでほしい。私は、嫁と別れるから結婚しない?って言われた、家族を幸せに出来ない男に興味は無い、終了の合図だった

(12)

心の底を傾けた深い交わりは禁物です。愛情の紐は解けやすくしておいて、会うも別れるも自由なのがよいのです

(13)

別れがこんなにも甘く切ないのなら、いっそのこと朝になるまでおやすみを言い続けていたい

(14)

さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬこと

(15)

別れと出会いをくりかえして、大人になるのなら大人になれなくていいから君と別れたくない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存