別れるときは潔く別れないと。別れの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

別れは出会ったときから決まっている。恋愛だけしかとりえのない男には気をつけたほうがいい

(2)

男と女というものは、これは危険な組み合わせでな、時とすると、ものの言い方一つで夫婦別れや人死に、などという事件が起る

(3)

出逢いは神の御業(みわざ)、別れは人の仕業

(4)

人も家も寿命があって、いつか別れる時が来る。無常だ。だが、無常は闘うもんじゃない。受け入れるものですよ

(5)

行く手に美しい希望があると、別れもお祭りのようだ

(6)

結婚しようとしまいと、愛していられるのが恋なんです。いつか別れはやってくるかもしれないけど、それでも好きというのが愛情なんです

(7)

あやまちなどというものは存在しません。あやまちはそこから必ずなにかを学べる恵みなのです

(8)

女性が綺麗になる方法は二つあります。「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です

(9)

いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ

(10)

運命を素直に受けいれなさい

(11)

変わらないのは、ときめく気持ち

(12)

失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ

(13)

最初のキスを笑いながら交わして、いざ別れるとなっても、しんみりとやさしい話をして別れるのが、一番安全でいい

(14)

別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです

(15)

恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存