青春の特権は無知である。青春の名言

スポンサーリンク

(1)

青春の特権は無知である

(2)

若い娘が学ぶことを、若い男が教えることを、愛する場合に結ばれる青春時代の友情は、ひとつの美しい事柄である

(3)

オレは自分の人生を、ベタな青春ドラマだらけの物語にしたいと想ってるんだ

(4)

誰でも、青春の日、人生にはじめてまともにぶつかる瞬間がある。そのとき、ふと浮かび上がってくる異様な映像に戦慄する。それが自分自身の姿であることに驚くのだ

(5)

青春とは不断の酔心地である。つまり理性の熱病である

(6)

青春の過ちを老年に持ち込んではいけません。老年には老年の欠点があるのですから

(7)

青春の生活の中で、もっぱら幸福を与えてくれるのは友情の贈り物である

(8)

私の青春時代は、日本中が貧しさにあえいでいました。明日ご飯が食べれるかどうかも
わからない。そんな時代からすれば、今はほんとうに豊かな時代です。不況でお金がないと言うけれど、みんな牛丼の大盛りくらいは食べられるでしょう。あんなご馳走を私は若い頃に食べたことがありません。私たちの世代からみれば、今は天国にいて愚痴を言っているようにさえ思えます

(9)

青春とは、すなわち実験なのである

(10)

青春とは、夢があること、その実現のため、情熱を燃やしていること

(11)

青春は終わったなぁと思っても、人生は終わらない。まだわかっていないことがたくさんあるから、生きていくのが愉しいのよ

(12)

死ぬまでが青春。心臓がとまって死ぬまでが地上の旅であり、冒険なんだ

(13)

若者にとっては悲劇的な時代ですよ、青春を闘っていく対象がないということは

(14)

子供が大人になるわけだから、青春はトンネル。サナギが楽な期間であろうはずがない。それゆえ過ごし方にもコツはない。我慢と気晴らし。逸脱と逃避。一寸刻みにダマしながら、なんとか30歳まで粘る

(15)

私も青春のことを懐かしみ、若い人を羨むことがあるが、しかし、もう一度若くなって世の中を渡ってこなければならぬと思うと、何よりも先に煩わしい思いがする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存