人生のすべては青春なのだ。青春の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

金があればこの世ので多くのことができる。青春は金では買えない

(2)

青年に欠点があるとしても、それはやがてなくなってしまうものである

(3)

青年時代には、不満があっても悲観してはいけない。いばらの道を踏まねばならない場合には踏むのもよいが、踏まずにすむものなら、それに越したことはない

(4)

「近頃の若い者は云々」という中年以上の発言は、おおむね青春に対する嫉妬の裏返しである

(5)

悲壮なる祖国の姿を眺めつつ余は行く。全青春を三十日間にこめて、人生駆け足に入る

(6)

信念は老年の胸に徐々に成長する植物である、青春は妄信の季節である。妄信の季節から、いずれは信念の季節へ

(7)

大建築家になりたいと思って果たせなかった青春の夢を私にかけているのだろうか

(8)

若者? ボクが若い世代になぜ関心がないかって?決まってるじゃない、ボクは、ボクなりの青春を充分に生きたんです。だから、それを過ぎた今でも今なりの生き方を充分に生きたいと思うので、他人の青春なんかかまっている暇はないんです

(9)

青春と繁栄のある間だけ神に頼らずにすませるのだ。そういう神からの独り立ちが最後まで人を安全に導けるものではない

(10)

青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ

(11)

青春の思い出といえば、ふつう友人との間の思い出だから、図書館で友人もなく孤独でした。いま、自分の十代の間に何ごとかがプラスになったかも知れないということを考えてみると、いくらか考えても図書館しかない。学校は私にとって影響を与えてくれなかった感じです

(12)

ああ!青春!人生は一生に一時しかそれを所有しない。残りの年月はただそれを思い出すだけだ。

(13)

わが故郷、わが望み、わが青春は去ったしかし、恋は去らず、ただひとりを恋しつづける

(14)

あらゆるものに縛られた哀れ空しい青春よ、気むずかしさが原因で僕は一生をふいにした

(15)

もう一度、優美の魔力に、青春のやさしい魅力にあいさつする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存