あの日、あの時、僕らは無敵だった。友情の名言

スポンサーリンク

(1)

友達は広い範囲でつくらなくていい。広くなると浅くなるから。それよりも狭く深い友達の方がきっと信頼できる

(2)

友達とは、遠慮せずに相手の過ちを指摘できる人。相手をよく知った上でそばにいてくれる人

(3)

友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする

(4)

離れて気がついた…自分はこの人を好きだったんだって。でも大切にしたいと思えば思うほど離れていくきがするから、行動が起こせない

(5)

毎日毎日一緒に居なくても本当の友情は壊れたりしない

(6)

何度馬鹿にしあっても、何度貶しあっても、結局最終的には笑いあってる。それが出来るダチが本当の心の友なんじゃないか

(7)

恋は風に流されるもの。その勢いに耐えてこそ本当の恋が芽生える

(8)

馬鹿は馬鹿なりに馬鹿と馬鹿やって馬鹿みたいに今の時間を楽しもう

(9)

友情を馬鹿にする奴は、自分の身体張ってでも守りたい奴がいないから馬鹿に出来るんだ。友情を馬鹿にされて少しでも恥ずかしいって思った奴は、それは本当の友情じゃない

(10)

今は知らなくとも、明日、1年後…いつか…、出会う人がいる。わたしは知らなかった。君と会う「日」。最初は知らない者同士だった。でも今は………、ずっと一緒にいたい「者」。

(11)

友達とは、わからない。でも、絶対に守りたい人と思える人である。

(12)

本当の友達は相手の欠点を見つけても笑って一緒にいてくれる人だ

(13)

どれだけ沢山の友達を作っても、1人でも心から通じ合える友達を作った人には絶対に勝てない

(14)

君の本当の友達は、君の過ちを正してくれる人では無く、一緒に過ちを犯し一緒に反省してくれる人のことだよ

(15)

『友情』ゆうじょうって書いて『永遠』って読む

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存